最新投稿記事

【パズドラ】ギミック完全無効で環境最強の安定感!!「安定特化型ハク」編成解説!【パズバト】

最近の投稿
【ポケモンGO】このポケモンだーれだ!? 2021年3回目ARシルエットクイズ! 
時速140kmでカッ飛び、1人称視点飛行と4K撮影が楽しめる新型FPVドローンをDJIが発表
【パズドラ】メンテナンスのお知らせ。期間限定ダンジョン配信など注目の内容!
ふにゃふにゃでもちもちな食感にハマる!! 五穀入りの健康にも良さそうなパンを食べてみた♪ #ローソン
ワイ「飯は?」嫁「してない」ワイ「宅配は?」嫁「してない」
マナー講師「スーツの表ポケットには物を入れないのがマナーです」←は???
【花粉症】杉全滅させたくても今は時期がまずい模様wwwwwwwww
【パズドラ】現状最強パーティーの必須キャラ! 『ウルヴァリン』の強さ・使い道を徹底評価!
錠剤が上手く2つに割れねえよ!って人スプーンを使うといいって薬剤師の人がwwwwwww
【馬主】話題のウマ娘を二次創作しようとしている人、よく考えたほうが良い模様wwwwwwwwww
NO IMAGE
武田鉄矢さん、中国では「一般家庭に冷蔵庫がない」と発言。文化放送で新型コロナに関する持論を展開
【パズドラ】『称号』が手に入るチャレンジも開催! 新フロア『機構城の絶対者』登場!
【パズドラ】驚きの進化形態!? 新たなヘキサゼオンの全性能が公開!
【モンスト】るーみっくわーるどコラボ最強ランキング! 逃すと後悔するキャラ多数! 絶対に運極を作っておこう!
【カルディ】居酒屋のえびせんがお家で作れちゃう!? 食べて美味しい&作って楽しい「5色えびせん」実食レポ
NO IMAGE
はかなくなったジーンズを1000円分のクーポンに交換。EDWINのジーンズ再生プロジェクトとは?
【モンスト攻略】ラムのギミックと適正キャラランキング、攻略ポイントも解説!【るーみっくわーるどコラボ】
【FGO】アナタも該当する? 一部端末で次回起動時に「トラッキング許諾」が求められるかも
【ポケモンGO】GOバトルリーグシーズン7本日開幕! 新ルール「SLリミックス」はもう見た?
【パズドラ】3度目の星7確定チャンス! MARVELコラボ星7確定買ってみた!【マーベルコラボ】


今回ご紹介する編成はシーズン7「白虎奮迅」対応の「安定特化型ハク」です。

「安定特化型ハク」編成解説

毒・お邪魔・暗闇の3ギミックを完全に対策した上で、防御減少を5ターン継続。さらには落ちコンなし+送りつけの強烈なロックを飛ばし安定的に勝利を狙っていく編成となっています。


▼覚醒スキル一覧


【編成】

リーダー:
ハク(10,000G)

モンスター:
闇の精霊王・モワ(37,500MP+37,500MP)
夜天聖龍・エリュシオン(12,500MP+12,500MP)
救秤の鋼星神・エスカマリ(37,500MP+37,500MP)
黒翼姫神・ヴァルキリークレール(25,000MP+25,000MP)
宿志の青龍契士・リューネ(37,500MP+37,500MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
10,000G
300,000MP

リーダー「ハク」


スキルは「西方虎神域」。貴重な3ターン継続の防御減少。
後述の「クレール」と合わせて、防御減少を『5ターン』継続させ、確実に相手のゲージを削り落としていきます。

また、このスキルには、木・光属性に対して軽減効果も乗ります。
確実にどの対面も有利に進めることができる、というものではありませんが、今シーズンのモンスタープールから考えると比較的刺さりやすい属性が対象です。万が一全てが全て刺さらなくとも、送りつけの効果を高めてくれることが期待できます。まさしく“打ち得”なスキルというわけです。

モンスター「闇の精霊王・モワ」


送りつけ要員の1枠。
相手の落ちコンを奪うことで、送りつけの後、落ちコンで解決される可能性を完全に叩き壊します。相手盤面への生成数も多く、「ハク」で送りつけをメインに勝ち筋を組むならば、確実に編成しておきたい1体です。

モンスター「夜天聖龍・エリュシオン」


「モワ」に合わせて打ち込む送りつけ。
生成数が『10個』と、送りつけの中では最高個数。より確実に1ゲージを稼ぐならば、やはりこちらも合わせてピックしたいところ。

また、今回の編成では、この「エリュシオン」の攻撃力が最高数値。スキルブーストの数が「ハク」を初手で打てる『11個』に調整されていますが、初手の防御減少を「クレール」に任せるならば、「エリュシオン」の『UR』をキラーに変えるのもあり。

モンスター「救秤の鋼星神・エスカマリ」


「ハク」の条件を最大限邪魔しない範囲での変換枠。
目覚めで継続的、ないし局所的に火力を確保できる貴重な戦力です。

ただし、それでも条件である「回復」を消してしまう変換持ち。おまけに目覚めの継続ターンは『3ターン』と目覚めの中では長いですが、同対面時などのロングゲームを考えると、非常に僅かなターンしか適用されません。
そのため、特に同対面時を中心に、「エスカマリ」の発動タイミングは効力をフルで活用できる“初ターン”だけではなく、『2〜3ターン目』での発動も視野に入れて立ち回るように心がけましょう。

モンスター「黒翼姫神・ヴァルキリークレール」


防御減少を『5ターン』まで継続させることができる防御減少枠。
ただし、「エスカマリ」同様、回復ドロップを変換してしまうスキル。防御減少を継続しておきたい『4ターン目』だとしても、盤面次第では送りつけによる“妨害”、陣による“打点形成”を使用し、防御減少がなくとも突破できるようなスキル回しをしましょう。

モンスター「宿志の青龍契士・リューネ」


今回の水枠、兼陣枠。欠損時にはこの1枚で全て解決できます。
主属性が水、かつ攻撃力も高い方のキャラのため、同属性対面時には水の火力で差をつけられる可能性も秘めている1体。役割としては過去シーズンの「エスカマリ」編成に入っていた「シヴァ」のような役回りですね。

調整ポイント

この編成のメインの勝ち筋は「モワ」「エリュシオン」の送りつけ。その送りつけをサポートしてくれる「ハク」のスキルは相性がよく外したくない要素。そのため、調整できる枠は、残りの『3枠』となっています。

目覚めは必須ではない

基本、どの編成にも必須クラスとして採用されている「目覚め」枠。火力を伸ばせるのはもちろん、何よりもスキルなしで継続的にドロップを確保できるのが強み。そのため、どの編成にも入ってくる枠です。

しかし、この「ハク」に関しては、リーダースキルの条件が「火・水・闇・回復の中から3色」を消さなければいけないという関係上、闇の目覚めによって欠損が起きてしまう可能性があります。
現状「リューネ」の存在もあり欠損を対策できていますが、もし欠損が非常に気になる、より一層欠損対策をして安定性が欲しい、という場合には、目覚め枠を取り除いてしまうのも1つの手。

ロックによってさらなるドロップ確保の安定性を担保できる「西方の親愛神・ハク」や、操作時間を伸ばし目覚めを取り除いた分のアドバンテージを稼げる「黒龍喚士・ソニア」辺りをピックすると、過剰なドロップがあれば残すという選択肢を簡単に取れるため、ほぼ確実に欠損を対策できるようになります。


2枠は自由枠

防御減少はストレートの『4ターン』以上確保できれば理想ではありますが、「エスカマリ」のような大量変換があるならば『3ターン』あれば十分な場面が多いです。その点を考えると、「クレール」は自由枠。
また、「リューネ」は欠損対策の1枚ですが、上述の調整を加えるならば欠損対策が2枠に。今回の編成のように欠損対策用の陣は1枚でも十分事足りるため、過剰と考えるのであれば「リューネ」も同じく自由枠。

上記の通り、今回の編成において「クレール」「リューネ」は自由な調整枠となっています。
HP2倍と相性の良く新たな勝ち筋を作れる「偽典の審理者・メタトロン」や、同属性対面において圧倒的有利を生み出せる「ツクヨミ」など。調整を加えることで、新たな活路を見出せるのがこの2枠。もう一声勝ち筋が欲しいと思ったならば、この2枠を調整しましょう。


大まかな立ち回り

送りつけのタイミングを見計らう

今回の編成、最大の勝ち筋は「モワ」「エリュシオン」の送りつけ。これを外したとしても、コンボ判定に強く出れる上、属性も決して弱くはないため、十分勝機はあります。
ただし、それでも送りつけを外すと、勝敗に関わってくるのは間違いなし。そのため、しっかりと相手のスキルタイミングを見計らい、送りつけを通して盤面を制圧していきましょう。

相手の変換・ロックさえ上から重ね掛けされなければ、落ちコンなしの送りつけによって完全に攻撃を抑え込むことができます。相手の変換とタイミングを重ならないように盤面・スキル状況をみておきましょう。
どうしても不安であれば、「リューネ」や「クレール」のスキルを先撃ちしてスキルタイミングを後ろに持っていけば良し。兎にも角にも、盤面の上書きだけは注意しておいてください。

同対面に注意

今シーズン「雷神」が対象外になったことで、6色陣を活用する「リンシア」等の多色では「ルーツ」がピックされる可能性が非常に高い状況にあります。暗闇の対策は“しておくに越したことはない”から“しておかないと辛い状況にある”という環境に変化しているというわけです。
その点、自身の覚醒スキルで「暗闇耐性」を2個持っている「ハク」は、今後確実に見かけるリーダーになるでしょう。

おまけに闇属性最強の壁「エスカマリ」も対象外になっていることから、闇属性の派閥は大きく変わっていきます。その点も「ハク」の追い風になって来るはず。
そのため、この編成をはじめ「ハク」を使うのであれば、必ず同対面時の立ち回りに気を配る必要があります

今回の編成であれば、「モワ」「エリュシオン」を相手のスキルに合わせて、相手のスキルを無為にする。「エスカマリ」の目覚めを使うタイミングを初ターンだけと考えず、2〜3ターン目での発動を視野に入れる。相手のパズルをよく見て、攻撃色を消さずに次に残す
主にこの3点を重要視して立ち回り、ロングゲームに強く出れるよう鍛えていきましょう。

パズバトの情報をもっと見る!
パズバト最新情報 注目のおすすめ編成

この記事も見られてます

(function(){
var _lgy_lw = document.createElement(“script”);
_lgy_lw.type = “text/javascript”;
_lgy_lw.charset = “UTF-8”;
_lgy_lw.async = true;
_lgy_lw.src= “https://l.logly.co.jp/lift_widget.js?adspot_id=4294056”;
var _lgy_lw_0 = document.getElementsByTagName(“script”)[0];
_lgy_lw_0.parentNode.insertBefore(_lgy_lw, _lgy_lw_0);
})();

パズドラの最強キャラランキングはこちら

パズドラの最新情報はこちら

攻略サイトはこちら!




パズドラバトル攻略サイト

Source: AppBank
【パズドラ】ギミック完全無効で環境最強の安定感!!「安定特化型ハク」編成解説!【パズバト】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。