最新投稿記事

引退を迎えた米空港の探知犬。最終日の「サプライズ」に見せた反応が心温まる【動画】

おすすめ記事 (外部サイト)

◆お世話になっているアンテナサイト様
2ちゃんね
アンテナ速報
人気サイトまとめ「まとめようず」
2ちゃんマップ
2ちゃんねるまとめるまとめ
オワタあんてな\(^o^)/

◆お世話になっているまとめサイト様
ろぼ速VIP
カオスちゃんねる
カナ速
VIPPERな俺
ハムスター速報 2ろぐ
ほんわか2ちゃんねる
やらおん
痛いニュース(ノ∀`)
妹はVIPPER

 

Powered by Pinterest

 




 

最近の投稿
イメージ画像イメージ画像

【あわせて読みたい】18キロの巨大ぽっちゃり猫、里親に引き取られた1年後に「激変」し話題に(アメリカ)【画像】

アメリカの空港で働く探知犬の引退セレモニーが、心温まると話題を呼んでいます。

ウィスコンシン州のテレビ局WISNによると、6歳で引退を迎えたのは、ジェネラル・ミッチェル国際空港で乗客の保安検査をするジャーマン・ショートヘアード・ポインターのレックス。

ニュース番組Action News 5が公式Facebookで公開した動画では、レックスが最後のシフトを終えた後の引退式の様子が映っています。

レックスが空港の通路らしきところで特別に匂いがつけられたおとりバッグを嗅ぎ分けた瞬間、両サイドに並んでいたスタッフが大量のテニスボールを投下してお祝い。レックスは突然のテニスボールのシャワーと歓声に、尻尾を大きく振りながら喜び、微笑ましい引退を迎えました。

ウィスコンシン州のテレビ局WSAWの記事によると、レックスは引退式で、パートナーであるレジーナ・アイゼンバーグさんに“Do Not Pet”(触らないで)と書いてあるパッチを外してもらい、公式に探知犬から引退。今後は誰からでも撫でてもらうことができます。

レックスの引退後の予定は?

引退を迎えたレックスは今後、レックスと5年間パートナーとして働いたアイゼンバーグさんに引き取られることが決定しているそうです。

レックスが引退後に楽しみにしていることは、ソファでうたた寝すること、ビーチに初めて行くこと、音の鳴るおもちゃで遊ぶことだそう。働いているうちはできなかったこと、たくさんできるといいね!

…クリックして全文を読む

オリジナルサイトで読む : ハフィントンポスト
引退を迎えた米空港の探知犬。最終日の「サプライズ」に見せた反応が心温まる【動画】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。