最新投稿記事

じゅんや、YouTube登録者数1000万人突破! 2位以下を大きく突き放す圧倒的最速記録!

おすすめ記事 (外部サイト)

 




 

TikTokでは、国内最多の3800万人超えというフォロワー数を誇るTikTokerじゅんやがYouTubeでも快挙を達成!日本国内のチャンネルでは4つ目となる登録者数1000万人を突破しました。

驚くのはそのスピードで、2位のキッズラインがチャンネル開設から2821日での到達に対して、じゅんやはチャンネル開設から394日という圧倒的スピードでの達成はまさに異次元。そんな今もっとも注目される人物じゅんやとは?その全貌に迫っていきますので、最後までご覧ください!

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

じゅんやの登録者数の推移は?

じゅんやとは、言葉を使わずに誰にでも分かるようなアクションで、ショートムービーのおもしろ動画を投稿しているクリエイターです。

人気が出たのはTikTokで、2020年に入った辺りからグングンとフォロワー数を伸ばしています。TikTokでも、人気に火が点いてからのフォロワー数の増加率はエグイですね。

YouTubeでは
・2020年9月に開設
・2020年10月に登録者数100万人達成
・2021年2月に登録者数500万人達成
・2021年7月に登録者数900万人達成
・2021年10月12日に登録者数1000万人達成
となっています。

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

はじめしゃちょーが思うじゅんやとは?

はじめしゃちょーはじゅんやに抜かれ、登録者数が4位に落ちたタイミングで「また抜かれました。誰だよじゅんやって」というタイトルの動画を投稿しています。

はじめしゃちょーはワザとそういうタイトルにしていますが、「誰だよ」って思っている日本人は意外と多いかもしれません。

そもそも、じゅんやは世界に目を向けて配信しているので、TikTokに馴染みの薄い日本人には浸透していない部分もあります。

はじめしゃちょーのじゅんや分析とは?

はじめしゃちょーがじゅんやに抱いているイメージをボクシングに例えると、ヒカキンやはじめしゃちょーは
「日本に向かってしっかりストレートパンチを打っていくスタイル」。それに対してじゅんやは「世界に向けて細かい目に見えないマッハパンチを打ちまくっていくスタイル」だと分析しています。

いわば、そもそものスタイルが違うので比べるものではないといったところでしょうか。確かに、世界レベルではじゅんやの知名度が上ですが、日本ではまだまだヒカキンやはじめしゃちょーの方が認知されていると思います。

はじめしゃちょーのじゅんやの評価は?

凄く努力していると高い評価で、中でも動画の投稿頻度に触れて「ほんと努力している。こんなに出せんもん」と1日10本以上も動画を投稿しているじゅんやに感心しています。同じクリエイター同士なので、その辺の苦労は一番理解し合えることではありますよね。

じゅんやに抜かれた事を、気にしない様にしているけど、周りのファン達が「抜かれた抜かれた」といっぱい言うから気にしてしまう。だから「言わないで、そっとしておいて!」とお願いしています。

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

じゅんや2世と言われるSagawa/さがわも好調

じゅんやより後発でTikTokを始めて、さらに最初の頃はじゅんやを真似た動画を多く投稿していたさがわでしたが、今では成功を収め常にじゅんやを追随する形をとっています。

YouTubeもじゅんやを追って始めた格好のさがわですが、月間再生回数7億回数を突破するなど好調です。この月間7億回再生とは、今ではじゅんやとさがわしか達成できていない偉業となっています。

YouTube界において、登録者数と再生回数の面をみれば、海外に目を向けたショートムービーが今のところ優勢という雰囲気です。

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

世界に目を向けた配信が狙い目?

YouTube業界も日ごとに変化しつつあり、特に人々の生活環境が変わった近年は大きく変革した時期でした。

・有名人のYouTube参入
・規制が厳しくなっていっている
・一般の人も手軽にYouTubeを始めれる環境になっている

ということが挙げられます。特に配信側の大幅な増加で成功することがより一層厳しくなったと言われるYouTubeですが、世界に目を向けると市場は別次元です。「じゅんや」や「さがわ」のように、世界に目を向けた配信が今後は正解なのかも知れません。

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

ユーザーの反応は?

YouTubeでは1000万人を突破しても記念の動画などはなく、いつも通りのTikTokの動画を投稿していますが、コメント欄には「1000万人おめでとう」といったコメントが多く寄せられていました。

twitterではどのような反応があったのか紹介していきます。

凄い偉業を達成しましたよね!

本当は違うでしょうけど、あっさりという言葉がピッタリ!いつの間にかってコメントが多いです。

勢い的には日本人トップになる日も近いですね!

h2 > a.entry-content,h2 > a {color:#fff;text-decoration: none}

勢いが増すばかりのじゅんやから今後も目が離せない!

登録者数900万人を突破したあたりでは、1000万人到達は早くても11月だろうと予想していましたが、半月以上も早いペースで登録者数が増えていっています。

今のところこのペースが落ちる気配もないので、日本人最多登録者数になる日も近いのではないかと期待せずにはいられません。そんなじゅんやを見届けたい人は、チャンネル登録をお願いします。良かったら他の記事も読んで行ってください!

サムネイルは以下より:
https://www.youtube.com/watch?v=vLPJbkjqoK0

Source: AppBank
じゅんや、YouTube登録者数1000万人突破! 2位以下を大きく突き放す圧倒的最速記録!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。