最新投稿記事

SSDの性能を比較する上で考慮すべき3つのポイント

最近の投稿
【マクドナルド】新作「シャカシャカポテト 鶏にんにくから揚げ味」食べてみた! ・・・ん?
【アークナイツ】3/4にデータ更新実施! プレイ中断のほかにも注意点あり。補填配布も
【ポケモンGO】今月から始まるボーナスアワーって? 明日のロケット団に向けて準備すべきこととは
いじめ告発で、韓国の人気双子バレーボール選手が代表を無期限除外
学校の友達と、未来の話はできなかった。石巻の小学生、大人になった今目指すもの【東日本大震災】
はかなくなったジーンズを1000円分のクーポンに交換。EDWINのジーンズ再生プロジェクトとは?
2022年朝ドラ、黒島結菜さんが主人公役に。『あさイチ』内で発表
きっかけは「全員男性」の登壇依頼。投資先の2割を女性起業家の会社にしたANRIの話
緊急事態宣言の解除どうなる?1都3県の知事らは慎重。菅首相に早急な判断を求める声も対応未だに明言出せず
【マクドナルド】新商品「パストラミビーフてりたま」食べてみた!! 粒マスタードが爽やかうまいぞ!!
武田鉄矢さん、中国では「一般家庭に冷蔵庫がない」と発言。文化放送で新型コロナに関する持論を展開
慰安婦デマの朝日新聞社説「韓国が国連で慰安婦問題を取り上げる事を日本が批判するのはやめよう!これでは国際社会から支持を得られない!」
「気圧のせい」心の叫びがTwitterトレンド入り。頭痛や不調を訴える人が続出しています。
【ポケモンGO】ランドロス捕まえるなら今夜がオススメ! 優秀なじめんアタッカー入手チャンス
【コロナバブル】飲食店「1日6万円の協力金がなくなってキツイ、営業再開すると食材も調達しなきゃだし赤字になっちゃう」
【ポケモンGO】ダンバルがゲットし放題かも!? 9日から開催の天と神話イベントの詳細が発表!
【FGO】本日13時のメンテ内容まとめ。CBC2021の天草四郎イベントが18時に開催
【ポケモンGO】このポケモンだーれだ!? 2021年3回目ARシルエットクイズ! 
時速140kmでカッ飛び、1人称視点飛行と4K撮影が楽しめる新型FPVドローンをDJIが発表
【パズドラ】メンテナンスのお知らせ。期間限定ダンジョン配信など注目の内容!

不揮発性の半導体メモリにデータを保存するSSDは、磁性体を塗布したディスクに情報を記録し読み出すHDDよりも耐衝撃性・電力効率・読み書き速度で優れており、近年価格も下がってきたことによって一気に普及しました。技術系ニュースメディアのAnandTechが、SSDの性能を比較するためのベンチマークテストを行う上で考慮すべき「SSDの3つの特徴」を解説しています。

ハードウェア

SSDの性能を比較する上で考慮すべき3つのポイント

不揮発性の半導体メモリにデータを保存するSSDは、磁性体を塗布したディスクに情報を記録し読み出すHDDよりも耐衝撃性・電力効率・読み書き速度で優れており、近年価格も下がってきたことによって一気に普及しました。技術系ニュースメディアのAnandTechが、SSDの性能を比較するためのベンチマークテストを行う上で考慮すべき「SSDの3つの特徴」を解説しています。

How We Test PCIe 4.0 Storage: The AnandTech 2021 SSD Benchmark Suite – Print View

◆1:データの記録方式
SSDは主に「NANDフラッシュメモリ」「メモリコントローラー」「DRAMバッファ」の3つで構成されています。NANDはデータを保存する場所、メモリコントローラーはNANDメモリの制御を行うIC、DRAMはNANDとメモリコントローラーの仲介を行うキャッシュメモリです。

NANDフラッシュメモリにおいて、1ビットの情報を蓄積するのに必要な回路構成をセルと呼びます。このセルが多ければ多いほどNANDフラッシュメモリの容量、すなわちSSDの容量が増えることになります。しかし単純に増やすだけではNANDフラッシュメモリの面積が大きくなり、価格も高くなってしまうため、各メーカーは多層構造の3D NAND技術や、製造プロセスルールの微細化、MLCで対応してきました。

このうち、MLCは「マルチレベルセル」の略で、おおまかにいえば1つのセルに収める情報のビット数を2つに増やすことでSSDの容量を増やす記録方式です。2021年時点でコンシューマー向けでは、1つのセルに3ビットの情報を記録する「TLC」が主流となっており、1セルにつき1ビットのSLCや2ビットのMLCに比べると、容量当たりのコストを低く抑えることに成功しています。また、近年では1セルにつき4ビットの情報を記録する「QLC」や5ビットの情報を記録する「PLC」も登場していますが、大容量と引き換えに読み書き速度が遅くなってしまうというというデメリットがあります。

TLCもSLCに比べると読み書き速度が遅くなり、読み書き回数も減ってしまいます。この問題を解決するため、ほとんどのTLC NANDを搭載するコンシューマー向けSSDでは、一部をSLCで記録する「SLCキャッシュ」が採用されています。書き込むデータを一度SLCキャッシュに保存し、ホストのI/Oアクティビティが停止するとすぐにSLCキャッシュをクリアし、待機時間を最大限に活用して次の書き込みに備えることで、TLCでも読み書き速度を高速にするという技術です。

AnandTechによれば、このSLCキャッシュがSSDにデータを書き込むベンチマークに大きな影響を及ぼすとのこと。SLCキャッシュのサイズには制限があるため、ベンチマークで計測されるパフォーマンスは「SLCキャッシュ内」「SLCキャッシュ外」の2種類が存在することになります。

近年のSSDでは、SLCキャッシュサイズが可変なものも多く、SSDの残り容量が少なくなるにつれて、利用可能なSLCキャッシュサイズが縮小されます。またAnandTechによれば、QLC NAND搭載SSDでは、書き込み以外にもSLCキャッシュを使用するため、TLC NAND搭載SSDよりもSLCキャッシュが枯渇しやすいとのこと。

以下はIntelのNVMe(PCIe 3.0×4)接続・QLC NAND搭載SSD「665p」シリーズで、容量の使用率(横軸)に対するSLCキャッシュサイズの容量(縦軸)を折れ線グラフで示したもの。青い線が2TBモデルで、黄色い線が1TBのデータです。このグラフを見ると、容量の使用率が50%を超えると、SLCキャッシュサイズが通常時の1割程度に落ち込んでしまっています。

一般的な使用の範囲であれば、SLCキャッシュ外のパフォーマンスを体感することはほとんどありませんが、数十~数百GBのデータを連続して書き込むベンチマークテストであれば、最終的にキャッシュがオーバーフローし、SLCキャッシュ外の低パフォーマンスを体感する可能性は十分ありえます。

◆2:SSDの接続プロトコル
SSDの接続プロトコルには、主にNVM Express(NVMe)Advanced Host Controller Interface(AHCI)の2種類があります。NVMeはPCI Express(PCIe)接続に、AHCIはSerial ATA(SATA)接続に対応しています。記事作成時点で市場に出回っているコンシューマー向けSSDの接続プロトコルは、NVMeが主流となっています。

しかし、NVMe接続のSSDは温度上昇が懸念事項となります。そのため、AnandTechでは2017年まではランダムアクセスシーケンシャルアクセスなど各I/Oパターンを各キューで3分間ずつ、継続的なI/Oを18分間テストしていますが、毎回SSDの排熱が問題になっていたとのこと。そのため、M.2端子・NVMe接続のSSDでベンチマークテストを実施する際、AnandTechはいつもヒートシンクを装着しているそうです。

ただし、AnandTechは「この種のベンチマークテストは、過酷な条件下でSSDがどのように動作するかを調べるのには有用ですが、通常の使用でどのように動作するかについてはあまり関係ありません」と述べています。

また、ベンチマークの実行時間を定めても、SATA接続のSSDで10秒を要するテストを、NVMe(PCIe 4.0)接続のSSDで実施すると、SATA接続のSSDの10倍以上の処理が必要になります。そのため、AnandTechは「実行時間」「各ベンチマークテストで転送されるデータ量」の両方に制限を設けて、ベンチマークテストをより現実的で実用的なものにしていると述べています。

◆3:DRAMバッシュの有無
AnandTechは、SSDのエントリーモデルとハイエンドモデルには容量や記録方式、接続プロトコル以外に、メモリコントローラーにも違いがあると指摘し、特にNANDフラッシュメモリにファイルを格納するための「フラッシュファイルシステム」が重要だとしています。

SSDのメモリコントローラーが持つ機能の1つであるフラッシュ・トランスレーション・レイヤー(FTL)は、論理ブロックアドレス(LBA)で指定されたブロックを、SSD内部の物理ブロックに割り当てる役割を担っています。1TBのNANDフラッシュメモリを管理するFTLのアドレス変換テーブルには1GB弱の容量が必要になります。

ハイエンドモデルのSSDにはこのアドレス変換テーブルをキャッシュするために、DRAMバッファメモリが搭載されています。しかしAnandTechによれば、エントリーモデルのSSDにはこのDRAMバッファが搭載されていないものも多いとのこと。DRAMバッファを搭載しないSSDでは、ランダムアクセス時にフラッシュメモリへの読み込み操作が増えるほか、ウェアレベリングガベージコレクションの管理が難しくなるため、書き込みの多い処理を行ったり容量がほぼ一杯の状態だったりすると、パフォーマンスが大きく低下する傾向があります。そのため、ハイエンドモデルのSSDとエントリーモデルのSSDでは、パフォーマンスに差が生まれるとのことです。

・関連記事
ノートPCでの快適なゲーム環境を実現する「WD_BLACK D50 Game Dock」レビュー、周辺機器をThunderboltケーブル1本に – GIGAZINE

最大7000MB/秒の超高速NVMe SSD「WD_BLACK SN850」徹底レビュー、最高速クラスとの比較で真の実力が明らかに – GIGAZINE

ゲームにもストレージにもぴったりな最大6500MB/秒のアドインカードSSD「WD_BLACK AN1500」レビュー – GIGAZINE

176層の3D NANDフラッシュメモリをMicronが出荷開始 – GIGAZINE

最大10Gbpsでファイルを転送できる外付けSSDケース「ROG Strix Arion」の性能を爆速SSDで引き出してみた – GIGAZINE

 


広告掲載や媒体資料閲覧パスワードについての連絡はこちらからお願いします。


 

Source: ギガジン
SSDの性能を比較する上で考慮すべき3つのポイント

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。