【最新情報】都内で初の”新型肺炎”マスクや手洗いを!

東京都内に滞在中の」40台の中国籍の男性が、
中国・武漢で発生した新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。
都内で感染が確認されたのははじめて。
加藤厚労相」は本日未明、我が国において2例目の患者が報告されました。
武漢市からの旅行者であり入院中ではあるが、症状は落ち着いていると
承知しております。
厚生労働省によると、今月19日に中国の武漢市からの旅行で
日本を訪れていた40代の中国籍の男性は、
都内のホテルでに宿泊し、20日に医療機関を受診した。
発熱の症状などが続いていたため、22日に改めて受診し、
現在は都内の病院に入院している。
国立感染症研究所で男性の検体を検査したところ、
24日未明新型コロナウイルスあることが確認された。
男性は、来日後は一人でいつもホテルの部屋にいて、
移動の時はマスクを着用していたといっています。
日本国内で感染が確認されたのは2例目で、都内では初めて。
厚労省は、過剰に心配sw図に、マスクの着用や手洗いを
励行することを呼び掛けています。
(日テレNEWS24)1月24日
日本国内で2例目の「新型コロナウイルス」が原因とみられる
肺炎の患者が見つかりました。
患者は中国武漢市から来日中の40代の旅行者で
東京都内の病院に入院中です。
発生源とみられる武漢市の海鮮市場には立ち寄っていないということです。
(テレ朝ニュース)
新型コロナウイルス肺炎WHO(世界保健機構)が
緊急事態宣言を見送りました。
関連ニュース :
ベトナムで親子二人に新型肺炎の感染確認(1月24日)
新たにベトナムでも二人が新型コロナウイルスによる
肺炎の感染が確認されました。ベトナムで
新型肺炎に感染していることが確認されたのは、
武漢からきた66歳の男性とその息子の728歳の男性です。
二人は66歳の男性の妻と一緒に家族3人でベトナムのハノイに入り、
その後ニャチャンとホーチミンを訪問したということです。
二人は現在、ホーチミン市の病院に」入院しています。
ベトナムで新型肺炎が確認されたのは初めてです。
(共同通信社)
中国の新型コロナウイルスによる肺炎の」死者が25人になったとつたえた。
発症者は中国全土、省・自治区・直轄市のうち29で確認され、
830人となり感染はほぼ全土に広がった。

zawanews.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。