【雑誌新聞】武漢の新型肺炎 患者13人市場に行っていない可能性[2020/01/17 15:05]

 中国・武漢で相次いでいる「新型コロナウイルス」による肺炎で、感染が確認された41人のうち13人が感染元とされる海鮮市場に行っていない可能性があることが分かりました。
 台湾と香港、マカオの衛生当局は13日と14日の2日間、湖北省の武漢を訪れて集団発生している肺炎について現地調査をしました。台湾メディアなどによりますと、調査チームは報告で、感染が確認されている41人のうち13人は多くの患者が感染したとされる武漢市内の海鮮市場に行っていないと発表しました。中国側はこれまで、この情報について触れていません。この13人は「ヒトからヒトへの感染」が疑われる事例で、武漢市の衛生当局が発表している夫婦間で感染した疑いのある1例以外にも類似のケースが存在する可能性が出てきました。
Source : テレ朝ニュース
新型コロナウイルス タイで2人目の感染…74歳女性
[2020/01/17 12:22]
タイの保健省は74歳の中国人観光客の女性から新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表しました。タイで感染が確認されたのはこれで2人目です。
女性は13日正午ごろ、武漢からタイの空港に到着した際に38度の熱があったため検査したところ、感染が確認されたということです。女性は患者の多くが出入りしていた武漢の海鮮市場には行っていないと話しています。旅行に同行していた家族や他のツアー客への感染はありませんでした。女性は快方に向かっていて、数日中に退院できる見通しだということです。
関連記事
Source : テレ朝ニュース
中国・武漢で集団発生している「新型コロナウイルス」による肺炎で、新たに69歳の男性が死亡しました。中国での死者は2人目になります。
 湖北省武漢市の衛生当局は新たに69歳の男性が15日未明に死亡したと発表しました。中国で新型コロナウイルスによる肺炎で死者が発表されるのは2人目となります。男性は去年12月31日に発熱して入院治療を続けていましたが、深刻な心筋炎や胸水の症状が見られ、今月15日に死亡しました。一方、台湾メディアなどによりますと、武漢で感染が確認されている41人のうち13人は多くの患者が関係している海鮮市場には行っていないということで、「ヒトからヒトへの感染」が疑われています。
関連記事
Source : テレ朝ニュース
zawanews.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。