【速報】沢尻エリカ逮捕、次はあの大物女優→ あの人物と話題に・・・

女優の沢尻エリカ容疑者が、16日、東京都内で
合成麻薬のMDMAを所持していたとして、
警視庁に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかりました。
警視庁は、午後6時から詳しいいきさつについて説明することにしています。

<2019/11/16(土) 17:56:33.66 >
トカナでもイニシアルで報じていた通り、
沢尻は以前からドラッグパーティーの常連で知られていた。

しかし、実は沢尻以上に薬物逮捕が近いといわれていたのが、
沢尻とも面識のある大物女優のXだった。

「以前から女優のXにはコカイン中毒の噂があった。
いつ捕まってもおかしくない」

こう語るのは長年薬物事案を追っている芸能記者だ。

Xは長身のプロポーションを活かし、
若い頃からモデルとして活躍。その後、数多くの人気ドラマに出演し
、現在でもテレビ番組のレギュラーを持つ人気芸能人である。

そんなXに薬物疑惑が浮上しているというが、その理由とは…。

「実はちょうど1カ月ほど前の9月末に
『マトリが芸能人宅をガサ入れに入った』という情報が
マスコミ中に出回ったんです。
その中で名前が出たひとりが女優のXだったのです。
彼女に関しては、以前から六本木界隈で
派手に遊びまわっているという話が入ってきていました。
しかも、その遊び相手の“筋が悪い”ことも有名だった。

 ちなみに、9末に流れたガサ入れ騒動に関しては、
結局逮捕者は出なかったので、
ある人間が“意図的に流したガセ情報”だったのではとも囁かれたのですが、
マスコミの中では「X」だったら今後逮捕もありえるのではないかと
囁かれています」(前出芸能記者)

「Xの遊び仲間タレントのMも、薬物疑惑が囁かれる人脈のすぐ近くにいます。
半グレとの付き合いもあるとされ、彼女自身が手を出していても
何の違和感もありません」(前出記者)

実際にXが手を染めているとされるのは、
今年ピエール瀧が使用して逮捕された「コカイン」だ。

「実は数年前のことになるのですが、
マトリが逮捕した売人が『Xにコカインを売った』と
供述しているんです。

以来Xは捜査対象になっており、行動がマークされるようになりました」
彼女など芸能人がコカインを使用するのは、
限られた人間しか出入りすることのできない会員制バーの
VIPルームであることが大半。
酒を飲みながらハイになって楽しむわけです。
コカインはセックスドラッグの一面もありますから、
そういう使い方をしている可能性も否定できません」(前出記者)

コカインの効果は30分ほどと、
抜けるのが早いことで知られ、
実際ピエール瀧は仕事前に“気付け薬”として使用していた。
覚醒剤と違い、表面上はヤク中であると分かりづらいため、
仕事も普通にこなすことが可能なわけだ。

沢尻の逮捕でまたもや芸能界の薬物汚染が
明らかになったかたちとなるが、
今後も逮捕劇はおさまるどこか芋づる式に拡大するとみられている。
タレントXやMらは戦々恐々としていることだろう。

沢尻エリカ薬物逮捕の次はあの大物人気女優が逮捕!? 「ドラッグパーティ常連の沢尻以上に注目されていた」六本木界隈で… - TOCANA
 女優の沢尻エリカ容疑者が、16日、東京都内で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は、午後6時から詳しいいきさつについて説明することにしています。 トカナでもイニシアルで報じていた通り、沢尻は以前からドラッグパーティーの常連...

** 【麻薬】沢尻エリカ、大麻パーティーの夜 
衝撃の現場画像をバルセロナで入手

<2019/11/16(土) 21:59:17.02 >
沢尻エリカ、大麻パーティーの夜 “衝撃の現場画像”をバルセロナで入手 ©文藝春秋

 11月16日、警視庁は合成麻薬MDMAを所持していたとして
女優の沢尻エリカ容疑者(33)を
麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。
「週刊文春」は2012年、バルセロナでの大麻パーティーの
現場写真を報じていた。
当時の記事(2012年6月28日号)を再編集のうえ、公開する。

 両手を挙げ、ノリノリの沢尻エリカ。
小誌が今回入手した写真は一昨年、
バルセロナのビーチ沿いにある「ショコ」というセレブ御用達クラブで開かれた
“大麻パーティー”でのスナップである。

「エリカはマリファナを回して吸うのが好き」

「エリカはマリファナを皆で回して吸うのが好きなんだ。
自分の分はたいてい紙に巻いて吸うんだけど、
そのやり方が女の子らしくて可愛いんだよ。

キマってくると目が赤くなって、ニッコリ笑顔になった。
大麻で狂うってことはなかったね。
ただ、シャンパンと一緒にやったときは悪酔いして、
よくソファーの上でぶっ倒れてたよ。
朝方、何度も吐いたこともあった」

そう語るのは、仮にも人妻である沢尻と、
昨年まで交際していたというスペイン人セルジオ。

上の写真で沢尻の隣に座っている彼は、
現地では有名な「ドラッグディーラー(売人)」であり、
小誌に「エリカと会うときは毎回マリファナを吸った」と証言した(2012年5月31日号)。
“チョコ”と呼ばれる大麻樹脂を手に満面の笑みを浮かべるセルジオの横で、
沢尻はそれらしきものを指に挟み、
酔ったような表情を見せている。

このパーティーに参加したというスペイン人男性が話す。

「僕らも大麻をやったしエリカもジョイント
(タバコに大麻を混ぜたもの)を吸ってたよ」

五つ星ホテルでも大麻パーティー

スペインでは大麻使用は違法ではないが、
クラブのような公共の場での使用は禁止。
だが、沢尻はそんなことを気にする素振りも見せず、
朝方まで大騒ぎしていたという。

その後、セルジオと別れた沢尻は、
日本人の新恋人でレゲエブランドのディレクターN氏を
連れて彼の地を再訪している。

「五つ星ホテルの温水プール付きのスイートでパーティーをやったんだ。
もちろん、僕らはマリファナを吸った」(別の友人)

沢尻は現在、体調不良を理由に休業中だが、
「欧州にいる」との証言もある。再び公の場に現れたとき、
一連の薬物使用をどう説明するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00015554-bunshun-soci

Source : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

zawanews.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。